大成功する美容室の雰囲気つくり

人気美容室を開業させたい!お客様はどんな美容室に行きたがるか? - 大成功する美容室の雰囲気つくり

大成功する美容室の雰囲気つくり

 今や、美容室の数はコンビニよりも多いと言われています。毎年学校を卒業して国家資格をとる新卒の美容師の数も、少子化の影響からか少なくなっており、求人を下回る状況が続いています。毎年、新設される店の数よりも、廃業においこまれる方が多いにも関わらず、新しく美容室を開業しようと考える人はあとを絶ちません。
 美容師の下積み時代は大変ですし、自分の力量ひとつで開業して店を切り盛りできたらうれしいですよね。しかし、現実はそれほど甘くはありません。しっかりした集客力や経営力がなければ、店は立ち行かないのです。

集客力

lug,yfukd
 街を歩いていると、いたるところにコンビニがあります。コンビニがなかなか見つからない、なんてことも今の時代少なくなっています。そのコンビニよりも美容室は数が多いのですから、お客は美容室を探すのに苦労するなんてことはありません。むしろ、利用者の数に対して、店の数が多すぎるくらいです。集客をしっかり行わなければ、店は閑古鳥が鳴く状態になってしまいかねません。

リピーターの確保

 ちょっとした理由で、利用者は通う美容室を変えてしまいます。クーポンの期限が切れてしまったからとか、他の美容室の方が安いことが分かったからとか、新しい店が近くにオープンしたからとか、些細な理由から変えてしまうのです。
 もともと、美容室に通う理由として、強いこだわりをもっている人がそれほど多くはありません。伸びてきたからとりあえず切りたいとか、カラーや髪形を今とは違うものにしたいとか、あいまいな理由で美容室に来る人も多いです。気軽に行くのですから、美容室は手軽なところを選びます。
 手軽さや安さ、リラックスできるかどうかが、一般的な広い層の集客に関係します。次行く時もここにしようと、思わせることが肝心です。

少ない利用客から確実な売り上げを

 こだわりがあまりない人は、美容室に来る頻度もまちまちですし、お店を変えることもしばしばあります。しかし、仕上がりやスタイルに強いこだわりを持っている人は、いきつけの場所でお金をかける傾向があります。こういった客を確保していけば、少ない来客数でも、確実な売り上げにつながるのです。
 客のこだわりや好みをいち早く察することが大切です。自分のことを分かってくれていると感じると、この美容師は頼りになる、次もここでお願いしようと思うようになります。それには話し方が大変重要になってきます。相手に「うん」とか「はい」など肯定の返事を返させるような問いかけ方は相手に、「この人は自分のことをよく理解してくれている」と思わせる効果があります。また、相手の話し方や話すペース、言い回しなどを真似することによって、相手に親近感を抱かせることができます。これらは心理学的な技術ですが、接客において非常に効果がある方法です。

求められる美容室の雰囲気

 お客様に気に入ってもらえる雰囲気づくりをする必要があります。しかも、お客様はひとりではないので、それぞれのニーズに答える必要があります。
 店内を清潔感あるオシャレな内装にすることが最低条件であり、また、客同士の距離感も考える必要があります。隣で行われる美容師との会話は意外と耳に入ってきます。そうすると、自分が話すときも、聞かれているのが気になります。
店の内装は、客全体に良い印象を抱いてもらえるものにします。客個人に気に入ってもらうためには、それぞれ担当する美容師の力量が肝心です。